ビットコインということを、最近聞いた人も多くいるのではないでしょうか。


このビットコインは、仮想通貨として世界で初めて生まれたものです。


ビットコインは、Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)という人が、2008年に論文を発表して生まれました。


サトシナカモトという名前は、日本人のような感じがしますが、現在でもサトシナカモトはどのような人かはっきりしていなく、ネットに論文を発表していなくなりました。


このサトシナカモトの論文をベースにして、エンジニアやハッカーたちがビットコインを作って、現在に至っています。


現在、仮想通貨の種類としては、1000とも2000とも言われていますが、仮想通貨はこのビットコインから全てスタートしており、ビットコインの人気は現在でも別の仮想通貨よりはるかに勝っています。


では、仮想通貨はどうして注目されるようになったのでしょうか?


というのは、仮想通貨のシステムは、基本的に、サトシナカモトの論文に記載されていた革新的な「ブロックチェーン」という技術を使っているためです。


ビットコインに関して記載されていたサトシナカモトの論文には、もう1つのシステムの革新的なものが記載されていました。


このシステムは、ブロックチェーンというビットコインなどの仮想通貨のほとんど全てのものをサポートしている技術です。


では、仮想通貨のブロックチェーンとはどのようなものでしょうか?


ブロックチェーンとは、複数に取引台帳を分けてお互いに管理するシステムです。


簡単に言うと、全員で取引記録を分けて管理をお互いにしようというもので、「分散型台帳技術」とも言われています。


仮想通貨は、分けて管理をお互いにするブロックチェーンを使っており、中央管理者の銀行のようなものが必要ではありません。


例えば、日本銀行は日本円を発行・管理していますが、正常に複数の中央サーバーによって機能しています。


日本銀行は、ハッキングやトラブルからこの中央サーバーを保護するためにメンテナンスを24時間体制で行っており、このコストは膨大です。


しかし、仮想通貨の場合は、中央サーバーが必要なく、メンテナンスも不要です。


ハッキングにもし遭った場合でも、管理を複数で行っているため復元がすぐにでき、セキュリティも問題ありません。


仮想通貨は、このように管理コストも不要で、優れたセキュリティのブロックチェーンにサポートされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で