最近話題の仮想通貨とは



最近、仮想通貨は新聞やネットなどで非常に話題になっておりますが、そもそも仮想通貨とはどのようなものでしょうか?


仮想通貨というのは、暗号通貨とも言われており、ネット上で取引されるビットコインなどの通貨のことです。


仮想通貨のビットコインが生まれたと同時に誕生した、分散型ネットワーク、あるいは分散型台帳技術というブロックチェーン技術を使って、現在、仮想通貨として1000種類以上のものが世界において生まれています。


また、いろいろなプロジェクトがブロックチェーン技術を使って生まれています。


仮想通貨としては、ビットコインの他にアルトコインと言われるものもありますが、価格が大きく変動するため投機・投資の対象としても非常に人気になっています。


なお、仮想通貨のアルトコインについては、ネットなどで種類や特徴などについて紹介されているため、興味があればチェックしてみましょう。

仮想通貨と電子マネーの違い



仮想通貨と同じようなものとして電子マネーがあります。


では、仮想通貨と電子マネーはどのような違いがあるのでしょうか?


仮想通貨と電子マネーは、主として次にご紹介するような3つの違いがあります。


  • 発行しているところがない
    仮想通貨は、電子マネーと違って、発行しているところや運用しているところはありません。

    プログラムのコードによって、全ての発行ルールは決められています。

  • 換金することができる
    仮想通貨は、他の人に譲ったり、払い戻したり、両替を法定通貨と行ったりすることができます。

    一方、電子マネーは、預かり金として日本円のチャージが必要であり、換金することが基本的にできません。

    このことが、国境が仮想通貨にないと言われている理由です。

  • 価格が変わる
    毎日仮想通貨の価格は変わっていますが、基本的に、電子マネーの価格は変わりません。

    では、仮想通貨はどのような使用目的があるのでしょうか?

    仮想通貨の主な使用目的は、次にご紹介するような3つのケースがあります。

    ・投資する
    法定通貨と仮想通貨を交換する、あるいはデリバティブ取引を仮想通貨について行うというように、投資することができます。

    ・お金を送る
    仮想通貨を送る場合は、第三者機関を経由しなくて、P2P ネットワークを使うので、簡単かつ安く、誰にでもいつでも送れます。

    また、ブロックチェーンでお金を送る状況は公開されており、確認がいつでもできます。

    ・決済する
    代金を仮想通貨で請求したり、仮想通貨でサービスや商品を買ったりすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で