仮想通貨のビットコインの日本国内の取引所での取引高は、2016年には約2兆800億円でした。


しかし、この取引高が8兆円に2017年にはなると予測されています。


日本が、仮想通貨のビットコインの取引高としては世界でトップであると言われています。


仮想通貨については、法整備面においても間違いなく日本は世界でトップでしょう。


世界に先駆けて、日本は仮想通貨についての規則が決められている「改正資金決済法」を、2017年4月1日に施行しました。


仮想通貨のビットコインは、基本的に、通貨になります。


そのため、サービスや商品を購入する際に、仮想通貨のビットコインは法定通貨のように使用できないと意味がありません。


アメリカにおいては、仮想通貨のビットコインを使用してスターバックスコーヒーの店舗で商品を購入することができるなど、決済をビットコインで行うことはすでに身近になってきています。


一方、日本においては、今まで支払いがビットコインでできる実際の店舗はあまり多くありませんでした。


しかし、改正資金決済法が施行されたため、急速に支払いがビットコインでできる実際の店舗数は多くなってきています。


例えば、家電量販店の大手のビックカメラの店舗の一部においては、2017年4月から決済をビットコインによって行うことができるようになりました。


また、リクルートライフスタイルは、「じゃらん」という旅行ポータブルサイトや「ホットペッパーグルメ」という飲食店の予約サイトなどを運営しています。


「Airレジ」というタブレットを使用する販売時点情報管理(POS)レジアプリを使用するビットコイン決済サービスの店舗向けのものを、このリクルートライフスタイルはすでに始めています。


このことによって、ビットコインで決済を行うことが、26万の国内の店舗で利用できるようになるそうです。


ビットコインは、今までは取引のほとんどが投資する目的でした。


しかし、ビットコインを持っていると、自分の国の通貨を海外へ渡航する時にでも外貨に換える必要はありません。


簡単にスマホなどを使用して、自分の口座からビットコインで支払いできるようになってくる日も間もなくでしょう。


日本においても、コーヒーショップやファストフード店などの実際の店舗において、決済をビットコインで行うことが当然のようになる日もそれほど遠くないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で