仮想通貨のビットコインの取引をしたいと思っている人も多くいるでしょう。


では、ビットコインの取引をするためにはどうすればいいのでしょうか?


銀行で取引する場合は、銀行で口座が開設できます。


株式を取引する場合は、基本的に、証券会社で口座が開設できます。


では、ビットコインの場合は、どこで口座が開設できるのでしょうか?


ビットコインの場合は、どこかの会社の公式サイトで口座にあたるウォレットを作ったり、あるいは、自由に自分のスマホやパソコンで作ったりすることもできます。


どこかの会社の公式サイトでウォレットを作るのは分かりやすいでしょうが、自由に自分のスマホやパソコンで作るのは分かりにくいでしょう。


ここでは、ウォレットが自由に自分のスマホやパソコンで作れるシステムについてご紹介しましょう。


プログラムでビットコインのシステムは作られていますが、全てこのプログラムは公開されています。


そのため、自分のスマホやパソコンにこのプログラムをインストールすると、ウォレットを自由に自分で持てます。


このウォレットが、ビットコインを保管するところになります。


ビットコインアドレスと言われているものが、銀行の口座番号に該当するものです。


このビットコインアドレスも、自由に自分で設定できます。


口座番号を自由に作れるため、他の人の口座番号と同じになってしまうと心配になるかもしれません。


しかし、ビットコインアドレスについては、上手くプログラムがコントロールしてくれます。


また、ビットコインアドレスは27~34の桁数があります。


そのため、一人でビットコインアドレスをいくつ作っても問題ありません。


例えば、ビットコインアドレスを30桁の数字で表してみると、5NE4LdBTeNtVC6LpnCGJyLcPzuNC4V、というような感じになります。


1億2000万人程度が日本の国民の数になり、数字では120000000というような感じになりますが、全く桁数がビットコインアドレスとは違います。


さらに、ビットコインアドレスの場合は、数字以外にも英字も使えます。


ビットコインを日本の国民の1億2000万人の全てが取引するとは考えられないし、非常に多くのビットコインアドレスを重複しないで作れます。


では、ビットコインのウォレットは、どのようにどこに作るのでしょうか?


ビットコインのウォレットは、先にご紹介したように、自分のスマホやパソコン、ネット上などに、オンライン以外にオフラインでも作れます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で