仮想通貨を取引するのであれば仮想通貨の取引所がおすすめというようなことを、よく耳にすることもあるのではないでしょうか。
では、仮想通貨の取引所とはどのようなところでしょうか?
仮想通貨の取引所というのは、仮想通貨を売買するところです。
仮想通貨を売買するというのは、
・仮想通貨を日本円や米ドルなどの法定通貨と換える
・仮想通貨同士を換える
ことが挙げられます。
仮想通貨を換える相手としては、
・仮想通貨の取引所
・第三者の不特定多数の人
のいずれかになります。
つまり、仮想通貨の取引所は、取引所そのものが換える相手になる、第三者の不特定多数の人と換える仲介をする、ということをサービスしてくれるところになります。
また、仮想通貨の取引所は、サービスがネットのサイト上で全て行われます。
そのため、どこかのお店に行って仮想通貨を買うようなことはできません。
なお、主な国内の仮想通貨の取引所は、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。
では、仮想通貨の取引所は、どのような仕組みになっているのでしょうか?
仮想通貨の取引所の主な儲けとしては、
・取引の手数料
・スプレッドという仮想通貨の買値と売値の差益
・これ以外のビジネス
で構成されています。
取引の手数料というのは、仮想通貨と法定通貨を換えたり、仮想通貨同士を換えたりする場合に仮想通貨の取引所に払うもので、仮想通貨の取引所の儲けになります。
また、仮想通貨の取引所が、第三者と換えることを仲介する際は手数料を両方から取るようになります。
取引所の儲けに、取引のスプレッドの差益もなる場合があります。
例えば、ビットコインの単位である1BTCを買う金額が11000円になっていると仮定しましょう。
この際のスプレッドとしては、1BTCが9000円の売却金額とすると、11000円から9000を差し引いた2000円になります。
1BTC を11000円で買って、この1BTCをすぐに売ると、仮想通貨の取引所の儲けとしてはこの2000円がなります。
仮想通貨の取引所は、これ以外に仮想通貨に関係するビジネスを展開することによって儲けを出すこともあります。
ビジネスとしては、仮想通貨の決済の仲介、ブロックチェーンのサービス、取引所の機能のサービスなどがあり、取引所によってこの展開は違っています。
また、仮想通貨の取引所は、多く仮想通貨を持っているので、仮想通貨の価格がアップすることによっても資産が多くなる場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で