仮想通貨の投資を始める場合は、仮想通貨の将来性が心配になるのではないでしょうか。
ここでは、仮想通貨の将来性についてご紹介しましょう
金融基盤を中央機関である国や中央銀行などがコントロールするシステムは、中央集権化と言われています。
一方、中央機関に直接コントロールされない仮想通貨のようなシステムは、非中央集権化と言われています。
仮想通貨は、このような中央集権化を信頼していない人がだんだんと買って、割合治安や政情が安定していない国ほど拡大してきました。
仮想通貨のビットコインなどの世界においては、インフレなどに急激になることによる法定通貨の価値が少なくなるリスクが大きくないため、ネットの環境が整備されていると安心して資産を貯めておくことができます。
また、ユーロなどを除いて、法定通貨は国によって違っています。
例えば、経済活動を海外において行うためには、その国の法定通貨に換える必要があります。
しかし、手数料がこの場合にはかかります。
また、出稼ぎなどの場合に、自分の国に暮らしている家族に海外からお金を送る時にも手数料がかかります。
一方、仮想通貨のビットコインなどの場合は、どのような国の人でも相手がいると売買したり、決済したりすることができます。
手数料についても、非常に安く、送る金額に関係なく一定です。
また、取引は365日24時間行えるため、決済についても優れた利便性があります。
一方、日本円や米ドルなどの法定通貨の場合は、発行量には理論的に上限はありませんが、仮想通貨のビットコインなどの場合は上限があります。
ビットコインについては、上限があるため、全ての発行が約120年後に終了すると言われています。
需要がこのようなことからも多くなり、価値が将来的にアップすると期待されています。
一方、仮想通貨の場合は、価格が安定しない、フィッシング詐欺などがあり、資産を保護するためには問題がまだ多くあります。
しかし、日本国内においては、決済がビットコインでできる病院や飲食店、ネットショップ、サロンなどが着実に多くなってきています。
また、仮想通貨の投資を始める人も、いい使い勝手になると多くなってくると予測できます。
さらに、日本政府も、仮想通貨を使う人を守るために法を整備すると言われています。
仮想通貨についての報道は、活発にこれから取り上げられるでしょう。
仮想通貨の情報を早く入手して投資を始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で