ネット上のお金のことを仮想通貨と言います。


仮想通貨の投資は、仮想通貨を取引する取引所というウェブサイトに、日本円を銀行振込などによって送金して仮想通貨に換えることでスタートすることができます。


投資と言うとなんとなく難しいように思うでしょうが、最も簡単に取引ができる仮想通貨を使うと、ネットショッピングより容易に投資することができます。


具体的に仮想通貨を購入する方法としては「引所で口座を開設する」「コンビニ、銀行振込で入金する」「仮想通貨を購入する」というような流れで、非常に簡単です。


仮想通貨を現在売買しているような人たちは、実際にはFXや株式などに投資したことがない場合の方が多いほどです。


そのため、仮想通貨の投資が初めての場合でも問題ありません。


なお、ネットなどでは、仮想通貨の投資をしたことがない初心者の体験談などが紹介されています。


初心者が仮想通貨の投資をスタートする場合は、このような体験談を参考までに見てみるのもおすすめです。


また、セミナーなどで、1口何万円とかで対面で限定販売しているような場合もありますが、このようなものは詐欺である可能性が高いため注意しましょう。


仮想通貨の場合は、誰でもいつでも取引所で、1000円以下からでも取引することができます。


ここでは、仮想通貨の投資をスタートする方法についてご紹介しましょう


取引所で口座を開設するためには、パスワードとメールアドレス、本人確認書類の免許証などが必要です。


口座を開設する方法の一例として、ここでは、コインチェックの場合についてご紹介しますが、基本的に、どこの取引所でも同じようなものです。


取引所のホームページにまずアクセスします。


アカウントを作るために、初めの画面でパスワードとメールアドレスを入力します。


アカウントを作った後、URLが登録したメールアドレス宛てに来るため、ログインを先に入力したパズワードで行います。


本人確認書類を、アカウントを登録した後に提出する必要があります。


名前・住所・生年月日を入力した後、本人確認書類として免許証などの写しをアップロードします。


この際、自分で本人確認書類を持った写真が取引所によっては必要になるため、自撮りをスマホなどを使って行いましょう。


このような作業が全て終わると、数日後にハガキが簡易書留で来ます。


このハガキが来れば、仮想通貨の投資がスタートできます。


具体的な記載方法は、開設する業者のホームページを見てご確認下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で