仮想通貨を買う場合には、仮想通貨の取引所によって取引の手数料や取引できる通貨が全く違っていることを把握しておきましょう。
仮想通貨の初心者の場合は、ビットコインをビットフライヤーだけで買っているような人も相当多くいるのではないでしょうか。
しかし、仮想通貨としてはビットコインの他にもあるため、例えば、イーサリアムなどの主な仮想通貨も検討してみましょう。
そのため、さまざまな仮想通貨が買えるように、口座をいくつかの仮想通貨の取引所に開設する方がいいでしょう。
仮想通貨の場合は、FXや株と違って、取り扱うものが取引所によって非常に違っています。
ここでは、人気がある仮想通貨はどこの取引所で買うのが最もおすすめか、についてご紹介しましょう。
仮想通貨を買う場合には、ぜひ参考にしましょう。
・ビットコインを買う場合はザイフ(Zaif)がおすすめ
ビットコインは、代表的な仮想通貨です。
ビットコインは、基軸通貨として仮想通貨の全てを代表するような役目を担っており、価格は現在100万円以上というように非常に高くなっています。
仮想通貨のマーケットの景気をビットコインの価格は表示するようになっており、全体の仮想通貨のマーケットが成長するにつれて、ビットコインの価格は非常に高くなり続けています。
このようなビットコインを買う場合は、ザイフ(Zaif)がおすすめです。
ザイフ(Zaif)では、-0.001%の手数料で、お金が取引するごとにもらえ、しかも-0.005%にキャンペーンで変わるなどのボーナスもあります。
・リップルを買う場合はビットバンク(bitbank)がおすすめ
リップルというのは、仮想通貨のテクノロジーによって、銀行のように非常に手数料が高く時間もかかる海外送金を変えるためのものです。
銀行の場合は、例えば、数千円の手数料と1週間かかる海外送金が、リップルの場合は、数十円の手数料と数秒になる場合もあります。
すでに多くの銀行がリップルを利用した新しい送金方法を導入するようにしており、世界の金融マーケットをリップルが席捲するのも近いかもしれません。
なお、このリップルに紐付き、仮想通貨としてマーケットで売買されるものをXRPと言います。
このXRPは、仮想通貨の老舗として、第3位の時価総額になっています。
このXRPを買う場合は、中堅の取引所であるビットバンク(bitbank)が最も安いためおすすめです。
なお、これ以外の仮想通貨を買う場合は、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で