種類が多すぎる仮想通貨


仮想通貨は非常に多くの種類があります。


そのため、仮想通貨を買う場合は、どのような種類があるか事前に十分に把握しておくことが大切です。


ここでは、主な仮想通貨の種類についてご紹介しましょう。


ビットコイン

ビットコインは、初めて2009年に生まれたものです。


海外取引所においては、基軸通貨として主にビットコインで取引しており、仮想通貨のメインのものに現在ではなっています。


ビットコインから派生したり、分かれたりした多くの仮想通貨があります。


現在、ビットコインは、単価が最も高く、人気が最も高い通貨です。


ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインから2017年8月1日に分かれて生まれたものです。


ビットコインという名称になっていますが、一種のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。


特徴としてはビットコインが改良されたものがあると言われており、1MBから8MBにブロック容量が拡がっています。


イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインと同じ程度に有名なものです。

ユーザーオリジナルに定義したスマートコントラスト(契約)の考え方が、最大の特徴です。

このため、プラットフォームの柔軟なものをサービスしています。

リップル

リップルは、ブリッジ通貨という法定通貨とネットワーク上の仮想通貨の間を繋ぐ役目を持っており、お金を銀行に送る技術を将来担う可能性があるものです。


別の仮想通貨と比較して、送金スピードにおいてリードしています。


ライトコイン

ライトコインは、2011年に生まれたもので、金にビットコインを例えると銀にライトコインはなるという感じです。


ビットコインがベースになっており、ビットコインよりも先に新しいいろいろなシステムを導入した後、このシステムがビットコインにも導入される、ということが多くあります。


送金スピードは、4倍ほどビットコインに対してあるなど、実用性を重要視しています。

ネム

ネムは、金銭的な自由、平等、分散化、および、経済圏を新しく創るために始まったものです。

モナーコイン

モナーコインは、2013年12月に日本で初めての暗号通貨として生まれました。


有名な巨大な掲示板が発祥元です。


プログラムとしては、オープンスペースにビットコインと同じようになっており、管理集権団体はありません。


また、セグウィット(取引サイズとしてブロックに入れるものを圧縮して小さくする)を、世界で初めて実行したということで着目されているものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で