仮想通貨は、国内の取引所以外に、海外の取引所でも買えます。
仮想通貨の国内の取引所である程度慣れてくれば、海外の取引所も関心が出てくるでしょう。
また、仮想通貨の海外の取引所において儲けたというようなことを耳にすると、自分も海外の取引所を使ってみたいと思うようになるでしょう。
では、仮想通貨は国内の取引所と海外の取引所のどちらで買うのがいいのでしょうか?
仮想通貨の取引を堅実に行うのであれば国内の取引所がおすすめで、取引をより投機的に行うのであれば海外の取引所がおすすめです。
では、仮想通貨の海外の取引所はどのような使途に適しているのでしょうか?
仮想通貨の海外の取引所をおすすめする最大の理由は、仮想通貨として数百倍にも今からなる可能性があり、それほど知られていないものが購入できるためです。
コインチェックという日本国内において種類が最も多い仮想通貨が購入できる取引所の場合でも、取り扱っているのは10種類余りです。
しかし、仮想通貨の海外の取引所の場合は、仮想通貨を数百種類も取り扱っており、このような仮想通貨の中には価格が100倍になったようなものも結構多くあるようです。
そのため、海外の取引所は、国内の取引所において取り扱っていないような仮想通貨を購入する使途に適しています。
また、日本の取引所の大手の仮想通貨の取引量が1日あたり100億円ですが、海外の取引所の中には1日あたり700億円になっているところもあります。
そのため、海外の取引所の場合は、仮想通貨の世界的な動きを把握することもできます。
仮想通貨をいろいろ取り扱っているため、詐欺と思われるものやよく分からないものも中にはあります。
基本的に、取引量や発行量が多くない仮想通貨もあるため、大きめの買いがあった場合は値動きが大きくなります。
例えば、仮想通貨の中には、値上がり率が2.2倍程度に24時間内になっているようなものもあります。
仮想通貨の場合は、ストップ高が株と違ってないため、このような値上がり率になることもあり得ます。
しかし、当然ですが、この逆の場合もあります。
ストップ安がないため、半分にあっという間になることもあり得ます。
国内の取引所で取り扱っている仮想通貨は、まだある程度時価総額があるため、このような下落や上昇が起きることは稀です。
仮想通貨を買う場合は、このようなことを考慮して、国内の取引所と海外の取引所を選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で