日本で人気のある仮想通貨



前回の記事でも触れましたが、仮想通貨としてはいろいろな物があります。

今回は、日本で特に人気がある仮想通貨についてご紹介しましょう。

ビットコインの冒頭は日本人の取引が大多数を占めていると言われていおりますので、日本で人気のある通貨は要チェックとなるでしょう。

ビットコイン

ビットコインは、仮想通貨として非常に有名なものです。

仮想通貨の世界中の取引所において、中心的な仮想通貨になっているので、仮想通貨全体にビットコインの値動きが影響を及ぼします。

しかも、アメリカの金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所という世界最大クラスのところで、ビットコイン先物取引が2107年のうちに導入になる予定であるため、機関投資家や大手の銀行が参入し、マーケット規模が拡がると考えられています。

リップル

リップルは、送金スピードが速く、国際間や銀行間で送金するための仮想通貨として着目されています。

日本において人気になっているのは、世界においてもメガバンクの有名なものを持っている日本の会社のSBIグループと会社を共同で設立したりしているためです。

ネム

ネムは、分散化や金銭的自由などの原則をベースにして、経済圏を新しく創ることを目標にしています。

日本において初めに人気が高くなったのは、日本人が開発チームにいたからです。

さらに、日本の「Zaif」という仮想通貨取引所を運営しているテックビューロ社が、ネムをベースに設計した「mijin」というプライベートブロックチェーンを発表して、住信SBIネット銀行と野村
総合研究所がこのmijinをブロックチェーンの実証に際して採用することを、2015年12月に発表したなどによって着目されました。

モナーコイン

モナココインは、日本発の仮想通貨で、巨大な日本の掲示板で開発されたものです。

掲示板において、チップとして質問したり、回答したりする時に渡すものとして当初は使用されていました。

しかし、長者になる人がモナコインを購入して出てきてもおかしくない、などというようなことが拡大して、有名になりました。

トラブルの大きなものもなく稼働を継続したことで、信頼度がアップし、パソコンゲームの購入、ネットショップの支払いなどに使えるところが多くなりました。

また、取引スピードがビットコインよりもモナコインは速く、ビットフライヤーという日本において最も仮想通貨取引所の大手にも2017年10月に上場した影響などもあり、数倍以上に価格がアップしました。

仮想通貨としてはいろいろなものがありますが、ここでご紹介したような、日本で高い人気があるものをまずは購入してみるのもおすすめでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で