想通貨のビットコインなどは、銀行などが仲介しないため、仮想通貨を他の人に送ったり、保管したりする場合は、事前にウォレットを作る必要があります。
ここでは、仮想通貨のウォレットの種類についてご紹介しましょう。

●クライアントタイプ
クライアントタイプのウォレットとしては、簡易タイプと完全タイプがあります。
いずれもパソコンなどに専用のソフトをインストールして、仮想通貨をパソコンなどの上で管理するものです。
・簡易タイプ
簡易タイプの場合は、ブロックチェーンのダウンロードがないため軽く、スマホ版やパソコン版など、種類が多くあります。
・完全タイプ
完全タイプは、全てのブロックチェーン上にある売買データのダウンロードがあります。
ブロックチェーンの場合は、容量が数十GB最低でもあるので、余裕がハードディスク容量に必要です。
完全タイプの場合は、大きな容量であるため、基本的に、パソコン版で使います。

●オンラインタイプ
オンラインタイプは、ネットブラウザを使って管理するものです。
ハッキングにウォレットが遭わないためには、セキュリティ対策が必要です。
例えば、難解なパスワードにしたり、有効に二段階認証をして、アカウントを保護することが必要です。
ハッキングにウォレットが遭った場合は、簡単にビットコインは盗まれるため注意しましょう。
しかし、いかに自分で注意していても、ハッキングにウォレットプロバイダー自体が遭うと、ビットコインが盗難されることがあります。
そのため、オンラインタイプの場合は、少額にしておく方がいいでしょう。

●オフラインタイプ
オフラインタイプというのは、ウォレットとして安全なネットに接続されていないところにビットコインを保管するのものです。
オフラインタイプのウォレットとしては、ペーパーウォレットという紙にウォレットをプリントしておくものなどがあります。
ペーパーウォレットの場合は、ネットに接続していないので、最も安全と言えますが、物理的に保管する際に注意する必要があります。
ペーパーウォレットがもし無くなった場合は、復元が永久にできなくなって、完全に資産の仮想通貨が無くなります。
そのため、自然災害の地震などが発生した場合でも、秘密鍵(プライベートキー)をしっかりと保管しておく必要があります。
また、ラミネート処理をウォレットをプリントした紙に行うなどして、紙を保護するように注意することも必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で